日本航空高等学校 通信制課程

よくある質問

ここでは日本航空高校に寄せられるよくある質問について表示しています。
ここに表示されていない質問などについては、お電話かお問い合わせフォームからお気軽にお問合せください。

入学・卒業について

Q1. 入学試験はありますか?
A1. 学力試験はありません。面接と書類審査です。遠方の方は書類審査のみです。
Q2. 入学願書提出から入学までは時間がかかりますか?
A2. 願書と必要書類が学校に届いて約2週間程度で完了します。時期によってはお時間をいただくこともございます。
Q3. 編入、転入の違いはなんですか?
A3. 編入は高校を退学した生徒が別の学校に入学すること、転入は現在在籍している高校から転校手続きをすることです。
Q4. 誰でも入学可能とありますが、年齢制限はありますか?
A4. ありません。中学校卒業以上であれば年齢制限はありません。
Q5. 高校中途退学ですが入学できますか?
A5. 入学できます。編入学の手続きをしてください。
Q6. 仕事をしながらでも大丈夫ですか?
A6. 大丈夫です。全国8会場で年4回の集中スクーリングを実施しています。山梨、東京、千歳では週1回通学するコースがございます。
Q7. 自宅でのレポートのみで卒業は可能ですか?
A7. スクーリング(授業)の出席と試験に合格することが必要です。
Q8. 引きこもり・病気等で学校へ通えていない生徒でも入学、卒業は可能ですか?
A8. 入学可能です。卒業に向けてできる限りのサポートをいたします。お気軽にご相談ください。

学費について

Q1. 学費はどのくらいかかりますか?
A1. 履修単位数によって変わります。詳細は「募集要項」ご参照ください。
Q2. オリコの進学ローンは誰でも借りられますか?
A2. 携帯電話やパソコンから簡単に申込みができます。しかし、オリコでの審査に通過する必要があります。

単位・成績について

Q1. 前籍校で修得した単位はどうなりますか?
A1. 前籍校での修得単位を認め、本校カリキュラムに従って認定しています。
Q2. 前籍校ですでに74単位修得済みの場合の履修はどうなりますか?
A2. 最低でも本校で10単位以上の履修が必要になります。
Q3. 今通っている高校で成績が取れていないのですが、転入後、同級生と同じ時期に卒業できますか?
A3. 1年間で最大46単位の取得が可能です。残りの単位数がその範囲内で取得でき、在籍期間が前籍校とあわせて3年以上であれば同級生と同じ時期の卒業が可能です。

レポート・スクーリング・進路について

Q1. レポートとは、どのようなものですか?
A1. レポートとは各科目ごとの提出課題です。各科目の単位数によって量が違いますが、履修科目の規定回数をこなし、基準点を上回る必要があります。
Q2. レポートは、どのように行うのですか?
A2. レポートはタブレットを利用して提出します。科目ごとに全て終了次第、提出できます。提出をしたら教員が随時添削します。また、紙のレポートもご用意しています。
Q3. タブレットは自宅にある物を使ってもいいですか?
A3. 入学時に専用のタブレットを購入する必要があります。
Q4. レポートは難しいですか?
A4. 教科書に沿った内容なので、教科書を見ながら行えば、十分解答できるように作られています。また、学校・学習センターへ来た際に、教科担任が指導しています。
Q5. スクーリングとはどのようなものですか?
A5. スクーリングとは、登校して各科目の授業を受けることです。
Q6. スクーリングに行けない場合や、欠席した場合はどうなりますか?
A6. 山梨、東京、千歳に週1回通っている生徒は、欠席した時間数分を補充スクーリングで実施します。体験学習や校外学習などで時間を認定することもできます。それ以外の生徒は、年4回のスクーリングの中で他会場のスクーリングに出席するなどして補います。
Q7. 航空科の勉強内容は?
A7. 飛行機に関する専門的内容です。夏の集中スクーリング(北海道の併設専門学校)において航空機を使っての実習や体験飛行、地上でのグラウンドハンドリングが学べます。
Q8. 進路指導はしてくれますか?
A8. 山梨、東京、千歳に週1回通っている生徒は、キャリアガイダンス等を行い、進路に関して真剣に考える時間を設け、教員が進路指導を行っております。サポート校でも進路指導を行います。
Q9. 指定校推薦はありますか?
A9. あります。また、併設の日本航空専門学校(北海道)、日本航空大学校(石川)への特別推薦も可能です。併設の専門学校・大学校は就職率が100%です。

その他について

Q1. 通信制高校とは、何ですか?
A1. 通信制とは全日制・定時制と並ぶ高校課程の1つです。そのため得られる高校卒業資格は同じものとなります。登校頻度が少なく、基本的には自宅学習となりますが、レポート提出とテスト、決まった回数のスクーリングによって単位を取得していきます。
Q2. 『全国広域単位制通信制課程』とは、何ですか?
A2. 日本全国どこからでも生徒が入学できるということです。各地に学習センターを設けており、県外の方でもお住まいの近くの学習支援センターで学習することができます。
Q3. パンフレットの“学習センター等通学エリア”の欄に掲載されていない県はどのようにすればよいですか?
A3. 年4回、指定された近くのスクーリング会場で、スクーリングを受講することができます。
Q4. 通信制サポート校(学習支援センター)とは、何ですか?
A4. 通信制高校に通う生徒の学習などの支援を行うのが通信制サポート校です。通信制サポート校は学校という位置づけではないため、卒業資格を取得するには日本航空高校と通信制サポート校の両方に在籍しなくてはなりません。メリットは、通信制サポート校は全国各地にあるため、家から近い場所や登校日数の希望に沿うサポートが受けられます。
Q5. 単位制とは、何ですか?
A5. 科目によって単位が決定しています。決められた単位数を履修することで卒業ができます。3年間で合計74単位以上の履修が必要となります。
Q6. 校則はありますか?
A6. 高校生としての基本的な規則はあります。たとえばあまりに華美な服装や頭髪は控えてください。
Q7. 停学などの処分はありますか?
A7. 法にかかわる事件などの場合にあります。
Q8. 特別活動とは具体的にどういったものですか?
A8. ホームルームや生徒会活動、研修旅行、体験学習、校外学習などがあります。

Page Top