日本航空高等学校 通信制課程

通信制高校とは

通信制高校の意義

通学せずに自宅学習で卒業でき、毎日通学する全日制高校と全く同じ高校卒業資格が得られます。(本校は卒業証書も全日制と全く同じです)

1年に決まった日数だけ登校して授業を受けます。これをスクーリングと言います。スクーリングは年一週間前後です。
スクーリングは本校や各地で認可された学習センターで行います。自宅で学習することに自信が無い人は、学習を手伝ってくれるサポート校が全国各地にあります。サポート校は週1日から2日、3日、毎日、と自己ペースで通えます。

高校の行事や人間関係を心配せずに、大学受験、英会話、プログラミングに集中出来ます。語学留学、スポーツ留学など、高校の授業を気にせず、現地で学習出来る良さもあります。

自分の長所を伸展させたり、目標を実現したり、高校での人間関係、先輩後輩関係に苦しんだり、友人関係、教師との相性に苦しんだりした時、解決できるのも通信制の良さです。

人生は10人いれば10人の生き方があります。全て同じである必要はありません。君の考える理想的な高校生活を選んで下さい。

長所伸展が日本航空高校の通信制です。

通信制高校とは?

通信制高校は、登校日数などが全日制や定時制と異なりますが、卒業の際は毎日通学する全日制と全く同じ高校卒業資格が得られます。高校を卒業するための要件は法律で明確に定められています(学校教育法第46条、学校教育法施行規則第63条の2)

  1. 高校に3年以上在籍すること。
  2. 合計74単位以上の単位の取得をすること。(単位とは、所定の学習量や学習時間をこなしたことを証明するもので、通信制高校では、「レポート」「スクーリング」「テスト」の3つをもって単位の認定を行います)
  3. 特別活動30単位(年間10単位)の取得すること。
    通信制高校は自分のペースで進めることがきます。勉強と自分の夢に進むための勉強を一緒に進めていくことが出来ます。スポーツ・芸能・海外留学などで通信制高校を利用するパターンも多くあります。

日本航空高等学校では、高校の勉強をしながら専門分野も学ぶことがきます。学べる分野は「航空」「英会話」「プログラミング」など興味があれば色々なことにチャレジできます。全日制高校だと必須である、学校行事や学校内での人間関係などを心配せずに、社会に出て役立つスキルを自分のペースで無理なく楽しく学ぶことが出来ます。選択肢が増えた高校教育。自分に合った学校を選ぶことで、夢との両立が可能になります!

単位制とは?

単位制は、多くは通信制高校や定時制高校が導入しているものです。ひとつひとつの科目による単位の認定となります。もし、一つの科目が修得できなかった場合も、その科目だけを次の年度に繰り越して履修すれば良いため、進級には影響がありません。そのため、働きながら学習したい人や何らかの事情で学校に通いにくい人にはおススメです。
また、学年制の全日制高校から日本航空高校に転校(転入)する場合、以前の学校で取得した単位を引き継ぐことができます。色々な状況でも日本航空高校は単位が取りやすいんです。

スクーリングとは?

スクーリングとは、学校やスクーリング会場に行って、日本航空高校の教員の授業を受けることです。 通信制高校の勉強は自宅で、というイメージがあると思いますが、スクーリングの時に課題を教員と一緒に解決することができます。科目ごとにスクーリングの必要な時数が定められているため、必要最低限の出席をして単位を取っていくことも可能ですし、登校時数を増やして学力を上げて進学を目指すことも可能です。
また、日本航空高校は山梨・東京・北海道にキャンパスがあるため、そこに登校してくる生徒は、登校して授業を受けることがスクーリングとなります。

日本航空高等学校では、最短年間1週間程度のスクーリング(インターネット講座等を利用した場合に適用)で単位を取得することが可能です。サポート校で学習指導を受け、全国の学習センターでスクーリングが受けられます。

通信制サポート校(学習支援センター)とは?

通信制高校に通う生徒の学習などの支援を行うのが通信制サポート校(本校では学習支援センター)と呼ばれるものです。通信制サポート校は学校という位置づけではありません。高校卒業資格を取得するには日本航空高校と通信制サポート校の両方に在籍しなくてはなりません。メリットとしては、通信制サポート校は全国各地にあるため、家から近い場所や登校日数が多い・少ないなど希望に沿うサポートが受けられます。

Page Top